口臭ケアに一番効くサプリメントとは|原因と対策のまとめ

口臭ケアサプリメントの効果【口臭なび】

口臭の原因

「口臭の原因」になる食べ物や飲み物、「口臭を消す」食べ物や飲み物

口臭が気になって、人と会話するのが億劫になる」という悩みは多いです。
口臭のせいで消極的になり仕事に集中できない人もいるのではないでしょうか。

友達と遊ぶ時、デートの時に口臭が気になるのも何とか解消したいものです。

口臭口の乾燥精神的な緊張で起こるほか、ニオイが強い食べ物や飲み物で起こる時があり、反対に口臭を消す食べ物や飲み物もあります

そのため口臭を気にしたくない日の前日や直前は、ニオイがしやすい物をさけ、消臭効果が望める物を食べるとよいです。

食べ物や飲み物の口臭対策は誰でも簡単に行えます
口臭予防や消す方法が知りたい人は、具体的な食べ物や飲み物を紹介するので参考にしてみてください。

口臭の原因となる食べ物

食べ物によって口臭は起こりますが、とくにニオイが残りやすいのはにんにくネギ類です。

にんにくやネギ類以外にも、お口の中の環境をかえる食べ物は口臭の原因となります。

口臭が気になる人は以下の食べ物を、多く食べていないかチェックしてみてください。

にんにくやキムチ

にんにくのニオイはアリシンという成分です。
アリシンはにんにくに含まれる硫化アリル(アリイン)が体内で代謝されて作られます。

アリシンは腸内で揮発性硫化化合物(VSC)にかわると血液中に流れる場合もあるため、にんにくの口臭は長時間消すことができないのです。

つまり翌日もにんにくのニオイが続くのは、硫化アリル(アリイン)アリシンに、アリシンがVSCにかわるまで時間がかるからです。

にんにくはお口に残ったニオイと、消化吸収後の息のニオイのダブルパンチで口臭を強めます

キムチもまたにんにくと一緒に付け込んで作るため、口内のニオイやVSCによって口臭が起こります。

ネギ類やニラ、ラッキョウ

ネギ玉ねぎニララッキョウも、にんにくと同じユリ科植物で硫化アリルを含みます。

ネギ類やニラ、ラッキョウはにんにくレベルの口臭にはなりませんが、大量に食べたり生で食べると口臭の原因となり、なかなか口臭を消すことができません。

納豆やチーズなどの発酵食品

発酵食品は腸内環境によい、体にいいイメージがありますが、腐敗しているため口臭を強くしやすいです。

納豆菌は口臭の原因となる嫌気性菌です。
嫌気性菌は歯垢舌苔(ぜったい)をエサに繁殖します。
舌苔とは舌の上に溜まる汚れのことです。

洋菓子やパン

パンやケーキ、生クリームは舌苔の原因となり口臭を起こします。

緊張時に交感神経が優位になり唾液分泌が減ると、舌苔に菌が繁殖し口臭となるのです。

さらに砂糖を多く使っているパンやケーキは、口内pHを下げ酸性にするため、お口から酸っぱいニオイがしやすくなります。

たんぱく質の多い食べ物

たんぱく質も口臭の原因菌が食べるエサとなります。

たんぱく質が舌の上に残ると舌苔になり、舌苔に口臭菌が集まるのです。

舌が白い人は舌苔が付着している可能性があります。
口臭の原因となるたんぱく質の多い食べ物は、牛肉乳製品(牛乳やチーズ)、納豆などです。

口臭の原因となる飲み物

口臭は飲み物でも強くなる場合があります。
とくに舌苔を増やす飲み物や、口内pHを酸性にするものは避けた方がいいです。

またアルコールも口臭や体臭の原因となり、長時間ニオイが残りやすくなります。

牛乳

牛乳を飲んだ時舌が白くなり、口臭が牛乳臭くなった経験はありませんか?

牛乳は動物性たんぱく質を多く含むため舌苔が増え、口臭の原因菌も多くなります。
たんぱく質の多い豆乳も牛乳と同じく口臭の原因となります。

コーヒー

舌の表面のブツブツ部分である糸状乳頭の間に、コーヒーが残ると口臭になります。

コーヒーは口内pHを下げ酸性に傾ける点でも口臭になり、ミルクや砂糖を入れる場合はより酸性が強くなります。

さらに利尿作用をもつコーヒーは、口内の唾液を減らし乾燥させます。唾液が減った口内は雑菌繁殖しやすく口臭へとつながるのです。

さらにコーヒー自体の香りと口臭のニオイが混ざると、口臭が強くなります。

お酒

お酒自体はニオイが気になりませんが、お酒を飲むと口からアルコールのニオイがします。

お酒は体内に入るとアルコールがアセトアルデヒドというニオイが強い物質に分解されます。

アセトアルデヒドは血中に入り全身をまわるため、お酒を飲むと口臭がするのです。

アセトアルデヒドが汗や尿で排泄され体内での濃度が下がると口臭も消えますが、代謝されるまでニオイが続きます。

口臭を消す効果が望める食べ物、飲みもの

食べ物や飲み物で口臭対策するのは可能です。
ただし口臭の原因は人により違うため、食べ物や飲み物で口臭を消すことができる人とできない人がいます。

歯周病舌苔で口臭を起こしている人は、食べ物や飲み物で一時的にニオイを消すことができても、また臭くなる場合があります。

キウイ・パイナップル・パパイア

キウイパイナップルパパイア酵素のチカラで歯垢や舌苔を分解し、口臭を消す効果が望めます。

なかでもキウイフルーツのアクチニジンという酵素は、舌苔の分解作用が望め口臭を対策します。

パイナップルやパパイアが含むパパイン酵素は、口臭を抑制作用のほか、酸味による唾液分泌を増やす作用をもつため口臭を消す効果が望めるのです。

口臭が気になる人は食後のデザートに、キウイやパイナップル、パパイアをおすすめします。

ガム・タブレット

ガムやタブレットは唾液分泌で口臭を消す効果や、お口の中の歯垢や舌苔の除去効果が期待できます。

焼肉屋さんに行くと食後にガムをもらえる時があり、お口の中が爽やかになります。

しかしガムやタブレット自体に口臭を消す効果はなく、あくまでも香料でごまかすだけの対策法です。

砂糖入りのガムは、口内pHを下げるため酸性に傾き、かえって口臭の原因となる場合もあります。

レモン・梅干し

レモンや梅干しは酸っぱいので唾液の分泌量が増やし、口内細菌の抑制効果が望めます。

口が乾燥する人は酸っぱい食べ物で唾液を増やすとよいでしょう。
舌が乾燥する人や舌に歯型が残る人は低位舌(ていいぜつ)の可能性があるので、唾液を増やした方がよいです。

1日1粒の梅干しで口臭対策となります。

レモンは殺菌作用をもち嫌気性菌による口臭を消す効果が望めます。

酸っぱい梅干しは酸性のイメージが強いですが、実はアルカリ性食品です。

アルカリ性は口内の酸性を中和させるため口臭を消す効果が望めます。

口臭を消すには口内を酸性にしないことが大事

嫌気性菌は口臭のほか、虫歯や歯周病の原因菌となります。嫌気性菌はお口の中が酸性の時だけ生きられ、アルカリ性になると死滅するからです。

砂糖は口内で分解されると酸性にかわるため、甘いものを食べると虫歯が起こりやすくなります。
果物やお酢も口内を酸性に傾けます。通常は唾液が酸性を中和しますが、唾液量が少ないと酸性に傾いたままになるのです。

さらに口内が酸性に傾くと、歯周病で歯茎が炎症や化膿し、口臭を強くします。
酸性によって嫌気性菌が増えると、舌苔を増やし口臭の原因につながります。
舌が真っ白な人は舌苔が溜まっている可能性が高いです。ちなみに中性かつ酵素が多いサラサラした唾液は口内をpH7の中性に保ち、嫌気性菌を減らす作用が望めます。

アルカリ性の食べ物

お口の中が酸性に傾いている人は、アルカリ性食品で口内を中和し口臭対策しましょう。

アルカリ性食品は昆布わかめ煮干しがあります。
固い昆布や煮干しをお口の中で転がすと口臭を消す効果が望めます。

ほうれん草もアルカリ性食品なので、酸性に傾いたお口のニオイを消す効果が望めます。
ほうれん草は降水量の少ない場所で育つためアルカリ性が保たれている野菜です。

さらにほうれん草は酸性になった体にも働き、弱アルカリ性に整えるため、体臭ケア効果も期待できます。

リンゴやリンゴジュース

リンゴは抗酸化作用をもつポリフェノールリンゴ酸を含有しているので、口臭を消す効果が望めます。

なかでもリンゴジュースは、テレビの情報番組で口臭予防効果が高いと紹介されていた飲み物です。

ただリンゴやリンゴジュースは、にんにくによる口臭対策に限定された食品となります。

柿には消臭・殺菌作用が望める柿タンニンが含まれています。
柿タンニンはポリフェノールの一種です。

薬局やドラッグストアで買える市販の歯みがき粉にも、柿タンニン配合の商品があります。
柿はにんにくのニオイ予防にもおすすめされています。

お茶・紅茶

緑茶やウーロン茶は、カテキンによる殺菌作用で口臭予防が望めます。
カテキンは消臭効果が望めるため、体臭ケアグッズでも注目されている成分です。

歯みがきができない時は、緑茶やウーロン茶でうがいをすると良いです。

ただ緑茶は利尿作用をもつため唾液分泌を減らし口臭を強めるデメリットもあります

パセリ

パセリは料理の飾り付けやトッピングに使うイメージが強いですが、口臭が気になる人は積極的にとりたい野菜です。
パセリの香りは口臭ケア効果が期待できるからです。

またパセリには消臭作用を持つアルファーピレンや、腐乱臭や家畜臭を予防するクロロフィルが含まれているので口臭を消す効果が望めます。

ヨーグルト

プロバイオティクス配合のヨーグルトは、口内の菌や消化器官から起こる口臭ケアにおすすめです。
ヨーグルトの乳酸菌は口内の嫌気性菌の抑制作用が望めるからです。

またプロバイオティクスは腸内フローラを整え体内酵素を増やす効果が期待できます。

腸内環境がよく酵素が多い人は消化機能も活発なので、消化器官内に食べ物が残らず発酵臭がしにくくなります。

牛乳

牛乳ニンニクのニオイ対策におすすめです。
牛乳に含まれるたんぱく質はにんにくのニオイ成分アリシンとくっつくため、口臭を消す効果が望めます。

ただし牛乳は舌苔を付着させ口臭の原因となるので、飲んだ後はお口をゆすいでください。

生野菜、特にニンジン

食物繊維が豊富な生野菜は、腸内環境を整えおなかからくる口臭を対策します。

なかでもニンジンは殺菌作用が望めるので口臭が気になる人におすすめの野菜です。

口臭の原因となる食べ物や飲み物についてまとめ

食べ物飲み物は、口内環境をかえるため口臭の原因となる場合があります。

お口の中が酸性に傾いた時唾液の分泌量が少ない時は、嫌気性菌がふえ口臭がしやすいです。
口臭が気になる人は口臭を強める食べ物や飲み物を控えるとよいでしょう。

また消臭効果はゆるやかですが、口臭を消す効果が期待できる食べ物や飲み物もあります

アルカリ性の食べ物や殺菌・消臭作用のある食べ物や飲み物がおすすめです。
お口をクリーニングしてくれる唾液を増やす食べ物も積極的に取り入れてみてください。

口臭の原因となる、反対に予防となる食べ物や飲み物を知っておけば、口臭を消す専用グッズがない時も簡単に対策できます。

口臭が軽減すれば人との会話もスムーズになり、仕事やプライベートも充実すること間違いありません。

口臭ケアサプリメントおすすめランキング

優れた口臭ケアを選びたいなら♪

口臭ケアおすすめランキング【総合】

※『口臭ケアおすすめランキング【総合】』はこちら!

こちらの記事も人気があります!

ディスメル商品パッケージ 1

口臭が気になり始めた時、あなたはどの様な対策をしますか? 私は今まで口臭とは無縁だと思っていましたので、考えたことがありませんでした。 実際に口臭が気になり出した時に色々と調べて「ディスメル(de-s ...

シャイニープラスの口コミ・評判は?薬用ホワイトニングの効果 2

最新の口臭対策をご存知でしょうか? 歯磨きやマウスウォッシュは、確かに口臭にも効果的ですが、今は口臭サプリを飲んでいる方も増えています。 そんな口臭サプリの中でも注目度NO.1がイニオ(INIO)です ...

【ゴッソトリノ】うがいで 汚れが見えるマウスウォッシュ 3

最近、周りの人の態度が変わったと思っていたら、原因は自分の口臭だったということがありませんか? 体質や普段の食事などで口臭が起こってしまうこともありますが、口臭は周りの人に迷惑をかけてしまう厄介な症状 ...

-口臭の原因

Copyright© 口臭ケアサプリメントの効果【口臭なび】 , 2020 All Rights Reserved.